works

  • nihongo_1
  • nihongo_2
  • nihongo_3
  • nihongo_4
  • nihongo_5
  • nihongo_6
  • nihongo_7
  • nihongo_8

日本號(にほんごう)

雑居ビルのワンフロアにある、小さなスナックの計画。もともと先代がスナックを営んでいたというオーナーが、その店名を引き継ぎ新たに構えた店舗である。1960年代に始まり、昭和そしてバブル期を背景に発展してきたスナック。その特徴の一つは、ゲストが「ママ」というホストとのコミュニケーションを求めて来ることにある。そこでスナックの象徴とも言える「ママ」の存在を中心に据え、U字型のカウンターで囲んだ。マテリアルには落ち着いたチークを、その背景には一枚板から切り出したコントラストの強い大理石を用い、空間構成はシンプルながらも過去のスナック文化をデフォルメした。カウンターに並ぶ9席のチェアは、片アームと円形のベロア座面で構成。スナックに見るボリュームあるソファーを再解釈し、新たなチェアとしてデザインした。過去の「スナックらしさ」を探求しつつも、現代の新しい在り方を模索した。

クライアント:日本號
計画種別:インテリアデザイン
用途:スナック
期間:2015年3月~2015年10月
計画面積:20.0平米
計画地:福岡県福岡市中央区大名

設計:ケース・リアル 二俣公一 下平康一
施工:時空建築工房
照明計画:BRANCH lighting design 中村達基
家具製作:Acht
サイン計画:village® 長嶋りかこ
撮影:水崎浩志

  • nihongo_d