works

  • saiei_01
  • saiei_02
  • saiei_04_2
  • saiei_06
  • saiei_08
  • saiei_04
  • saiei_07
  • saiei_05
  • saiei_10

割烹山映改修計画 一期工事

城山の麓にある「山映」は、鹿児島の郷土料理を提供する創業昭和8年の老舗割烹。現在の店舗は2代目が店を引き継いだ際に構えた木造2階建の建物で、建築から40年近く丁寧に使い込まれてきた。そして現在は2代目から3代目である若女将に世代が移っていく移行期にあり、今回そのような移り変わりに合わせて、厨房やトイレなどの水回り、メインのカウンタースペースから段階的に改修を行うことになった。
第一期の計画の軸となったのは、若女将が接客するカウンタースペースの背景。私たちは建物の外壁形状に沿わせて室内に型枠を組み、カウンター背面に新たにコンクリートのL字型の壁をつくり付けることを考えた。コンクリートの色には、初代女将が好んでいたという藤の花の淡い紫を採用。表面を叩いて凹凸のある仕上げとし、その陰影によって奥行きある表情をつくった。また、厚みのあるカウンターは熊本県産の一枚板のイチョウで、2代目が店舗を構えた当時に設えたもの。計画ではサイズなどの微調整のみ行い、これをほぼそのまま再利用した。このほかにも、天井は既存の木張りを利用。一方でカウンター上部のみ網代で仕上げた下がり天井を新たに造作し、ここへ空調や照明などの設備機能を納めつつ、カウンタースペースの重心を低くして落ち着いた雰囲気を意識した。そして店舗の雰囲気に合わせてオリジナルで製作したカウンターチェアは、片アームで脚部も含めて非対称なフォルムとし、構造バランスを考慮しながらその存在感を強めた。店舗には今後も少しずつ手を加えていくことが予定されているが、全てを一新してしまうのではなく、代々施主が受け継いで来たものや空気を大事にしながら、次の世代の新しさもあるグラデーショナルな移り変わりを引き続き計画していきたいと思う。

クライアント:割烹山映
計画種別:内装設計
用途:飲食店
計画期間:2019年2月~2019年10月
計画面積:62.56平米(改修面積)
計画地:鹿児島県鹿児島市城山町
設計:ケース・リアル 二俣公一 下平康一 古里さなえ
施工:ジーテック
照明計画:BRANCH LIGHTING DESIGN 中村達基
家具製作:E&Y
写真:水崎浩志

  • 01_1階平面図