works

  • samezima_01
  • samezima_02
  • samezima_02_2
  • samezima_03
  • samezima_04
  • samezima_05
  • samezima_06
  • samezima_07
  • samezima_08
  • samezima_09

さめじま精肉店

鉄板焼きのレストランを併設した精肉店の内装計画。施主からは各スペースの出入口を独立させたいとの要望があり、昼の利用がメインとなる精肉店と夜の利用がメインとなるレストランスペースを、それぞれどのように区別しながら一つの店舗として設えるかが課題となった。そこで計画では、まず精肉店の機能をファサード側へレイアウトし、これをガラス張りで区画することで、日中には外部の明るさを店内に取り込みつつ、夜には精肉店そのものがウィンドウディスプレイとなるようなアプローチを考えた。また、その内部は極力壁で仕切らずにオープンな空間とし、その床や壁に工場などにも使用される樹脂系の耐久性の高い塗料を使用して清潔感を出した。一方のレストランスペースは区画奥にレイアウトし、リラックスして飲食を楽しむことが出来る、カウンターのみの落ち着いた空間とした。そしてレストランの仕上げにはモルタルや木張りを用いつつ、床や一部壁、トイレなどの水回りには精肉店と同じ塗料を使用。さらに焼き台やフードも精肉用の作業台や冷凍冷蔵庫と同じステンレスの仕上げを用い、2つの異なるスペースを設えつつも、全体としては一体感のある店舗を目指した。

クライアント:さめじま精肉店
計画種別:内装設計
用途:精肉店+飲食店
計画期間:2020年1月~2020年6月
計画面積:110.87平米
計画地:福岡県福岡市中央区薬院
設計:ケース・リアル 二俣公一 下平康一
施工:オブ
照明計画:モデュレックス福岡
写真:水崎浩志

  • samezima_d