works

  • mikiya_1
  • mikiya_2
  • mikiya_3
  • mikiya_4
  • mikiya_5

三木屋 つつじの湯

兵庫は城崎温泉に佇み、志賀直哉ゆかりの宿としても知られる創業300年の日本旅館「三木屋」。国の登録有形文化財にも指定され、その木造建屋の随所に歴史ある趣を感じることが出来る。しかし一方で老朽化を避けられない部分もあり、宿では2013年より少しずつ改修計画を進めてきた。施主は全体を通して、全面的なリニューアルというよりも既存の趣や建築当時の思考を活かした「更新作業」として改修を位置づけており、今回の計画はその一環として行われた小さな内湯の改修である。

内湯の目の前にはつつじの美しい庭があり、大きく変更したのは庭を眺める開口部のみである。もともとあったアルミサッシをヒノキの大開口でやりかえ、分断されていた景色の縁取りを新たにした。壁面の意匠となっている荒肌の石張り、浴槽の形状、屋根形状がそのまま表れた天井、ロゴの入ったエッチングガラス、これらはすべて既存の状態を利用したものである。浴槽の仕上にはモザイクタイルを使用し、元の複雑な形状にも合わせられるようにした。新旧の境界が曖昧で、既存の延長上にある空間を目指した。

クライアント:三木屋
計画種別:インテリア改修
用途:旅館浴場
期間:2015年4月~2015年7月
計画面積:51.1平米
計画地:兵庫県豊岡市城崎湯島

設計:ケース・リアル 二俣公一 有川靖
施工:川嶋建設
撮影:太田拓実

  • mikiya_d