新型コロナウィルス拡大に寄せて

今回の新型コロナウイルスの感染拡大により影響を受けている、
あらゆる業種、立場の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

弊社では、東京事務所のみ在宅勤務を実施しておりましたが、4月7日に政府より福岡を含む7都府県を対象に発表された緊急事態宣言の発令を受けまして、一部業務を除き、下記の期間で福岡も含め原則在宅勤務を実施させて頂くことになりました。ご関係者の皆様へご不便をおかけすることがあるかと存じますが、何卒ご理解いただけますと幸いです。

—————————
期間:〜5月6日まで
※今後の政府方針や状況によって変更の可能性がございます。
以降の対応については弊社当ページにてご案内させていただきます。
※弊社固定電話へご連絡いただく際は、福岡事務所へのご連絡をお願い出来ますと幸いです。弊社窓口の柴田がご対応致します
※現在進行中のプロジェクトで、既に個別にやり取りをさせて頂いている件につきましては、各担当者より詳細ご連絡させていただきます
—————————

私たちが生業としている「空間をデザインする」という行為は、
様々な現場でのリアルなコミュニケーションの上に成り立っています。

-素材の色味、肌触りを目で見て、触って確認する
-施主と共に空間に身を置き、感じたことを言葉にしあう
-施工者と共に現場を確認し合い、ときに起こる諸問題への前向きな解決策を議論する

そういう中で生まれるアイデアやイメージが沢山あります。
そして、生まれる空間に期待し、想像を膨らませてくれるクライアントの方々をはじめ、実際に資材を供給いただく各メーカーの方々、現場に立ち、そのイメージした空間を手を動かして作り上げる多くの職人、そして注意深く現場を指揮する監理者たちの存在あって成り立っている行為であることを、今回のことを通して改めて痛感しています。

私たちは出来るだけ早く事態が収束に向かい、世の中の様々な立場の人たちが、安心して業務に携わることができること、またクライアントの方々が安心して完成を心待ちにできることを、心よりお祈り申し上げます。

ケース・リアル代表
二俣 公一